スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリイカ3月号

ユリイカ 2011年3月号』の貴志祐介さん特集に、「秘められた情熱」を寄稿しました。
貴志さんは大先輩で尊敬している作家なので、物凄く書いてて緊張しました。

ISBN978-4-7917-0220-6.jpg


ユリイカ」目次

■連載
  私の昭和史 戦後篇・続15 / 中村稔
■夢遊する読書*2
  肉体が感得するもの / 横尾忠則
■ 「即興」 の懐胎*15
  ナレーターズ(その2) / 佐々木敦
■耳目抄*298
  引き金 / 竹西寛子
■詩
  探索艇の孤児から激しい雨へ / 広瀬大志
■第2回倉橋由美子文芸賞発表(選評=陣野俊史)
  青木明子 「白い部屋」
--------------------------------------------------------------------------------

特集*貴志祐介 『黒い家』 『硝子のハンマー』 『新世界より』 『悪の教典』 『ダークゾーン』・・・エンターテインメントの革新
【対談】
「引き返し不能地点」 から小説ははじまる / 貴志祐介×町田康


【恐怖と悪と小説の教授(プロフェッサー)】
秘められた情熱 / 田辺青蛙
『悪の教典』、ポスト金八先生の時代 / 海猫沢めろん
【創作の舞台裏】
『悪の教典』 NOTE 初期プロットより / 貴志祐介 [コメンタリー=海猫沢めろん]
【ジャンルを内破するエンターテインメント】
統合された新しさ 『悪の教典』 を戦争小説として読む / 陣野俊史
ジャンル理性批判 ホラー的ハイブリッド小説 『新世界より』 を中心に / 中沢忠之
情に棹させば騙される貴志祐介ミステリ / 杉江松恋
【インタビュー】
荒唐無稽とリアルさの交点 小説を読む愉しみ、書く歓び / 貴志祐介 [聞き手=杉江松恋]
【貴志祐介アナリシス】
親しげでいかがわしいものたち 『十三番目の人格(ペルソナ) ISOLA』 と世紀転換期の日本 / 千野帽子
『黒い家』 に困る / 東雅夫
存在論的なまどろみの中で 『天使の囀り』 を読む / 横田創
デスゲームはゲームたりうるか? 『クリムゾンの迷宮』 が予示していたもの / 米光一成
社会の体感不安の申し子 『青の炎』 の 「青さ」 のダークサイド / 円堂都司昭
『硝子のハンマー』 の両義性 本格とミステリのあいだ / 蔓葉信博
もうひとつの、No Man’s Land 『新世界より』 を読む / 小谷真理
これからの 「悪」 の話をしよう / 伊藤氏貴
過剰なる隠喩と解釈可能性の悪夢 『ダークゾーン』 の恐怖について / 藤田直哉
【資料】
貴志祐介全著作解題 / 小田牧央・酒井貞道・蔓葉信博・藤田直哉
   『十三番目の人格(ペルソナ) ISOLA』
    角川ホラー文庫、1996/角川書店、1999(「ISOLA 十三番目の人格(ペルソナ) 」 と改題)
   『黒い家』 角川書店、1997/角川ホラー文庫、1998
   『天使の囀り』 角川書店、1998/角川ホラー文庫、2000
   『クリムゾンの迷宮』 角川ホラー文庫、1999
   『青の炎』 角川書店、1999/角川文庫、2002
   『硝子のハンマー』 角川書店、2004/角川文庫、2007
   『狐火の家』 角川書店、2008
   『新世界より』 講談社、2008/講談社ノベルス、2009/講談社文庫、2011
   『悪の教典』 角川書店、2010
   『ダークゾーン』 祥伝社、2011
--------------------------------------------------------------------------------
■今月の作品
  草野理恵子 古未央 / 選=小池昌代
■われ発見せり
  喋りすぎた朝 / 小野絵里華


http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B5%AE%BB%D6%CD%B4%B2%F0
スポンサーサイト

tag : ユリイカ 貴志祐介

皐月シリーズ

DSCF0519.jpg

「生き屏風」「魂追い」「皐月鬼」の3冊、シリーズ完結記念に、京田辺市の一部の書店でフェアを開催中です。

また、3月4日(金)に行われるイベントで、京田辺とその周辺に伝わる不思議なお話をする予定です。
詳細はこちら↓

「うさぎ年耳より体験ツアー」
http://blog.nihon-kankou.or.jp/kankoublog/JTA26211.php?blogid=20&catid=84

【申込先】
  京田辺市観光案内所
 (〒610-0334 京田辺市田辺中央四丁目3-3 CIKビル1階)
 (電話 0774-68-2810、ファクス 0774-68-2817)

宜しくお願いします<(_ _)>


tag : 京田辺

朝日新聞の京都版に紹介いただきました

DSCF0552.jpg

京都版と、南京都版
1月29日に掲載いただきました。
ありがとうございます!

お知らせ

ここ最近のお仕事の状況なんかをちょっとお知らせ。



『幽』vol.014第14号
怪談実話コロシアムに「猟師の話」
http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

『仙台学vol.10』
みちのく怪談コンテストで高橋克彦賞を受賞した「眼球映写機」
http://homepage2.nifty.com/araemishi/



sen10.jpg

今年もいろいろと怪談で盛り上がりそうです。


黄色くてでかい奴

DSCF0474.jpg

ちょっと前になりますが、今年も黄色くて可愛い、でかい奴「ラバーダック」を見に行って来ました。
最初はよく調べないで、去年と同じ天満橋の方だと勝手に思い込んで行って「いないじゃないかー!」と勝手に怒ってたんですが、今年は中之島にいたんですね……。

しかし、駅から出ていきなり、これがにょこっと顔を出したのをみて思わず吹き出してしまいました。
何回見ても、なんというか、可愛いけど大きいからか、ちょっと怖いですよね……。
ひょいっと顔をフェンスの向こうに出して、人をパクっと食べてそう(笑)

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。