スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリチャンネル

ミステリチャンネルMysteryゲストルームで、真藤順丈さんや福田和代さんのインタビューや、
ホラー小説大賞の授賞式の様子が放映される予定です。

番組についてのご説明や、放映時間についてはこちら↓

http://www.mystery.co.jp/program/MysteryGuestRoom.html

福田和代さん   最新作『TOKYO BLACKOUT』を語る
(東京創元社)
聞き手 コラムニスト 香山 二三郎さん
放送日
11/20(木)16:45
11/26(水)11:45
11/27(木)26:45
12/2(火)16:45
12/5(金)11:45 ほか

真藤順丈さん   第15回日本ホラー小説大賞受賞作
『庵堂三兄弟の聖職』を語る
(角川書店)
聞き手 翻訳家 大森 望さん
11/20(木)26:45
11/25(火)16:45
11/28(金)11:45
12/1(月)26:45
12/4(木)16:45 ほか

角川書店主催「第15回日本ホラー小説大賞」が決定。
10月31日(金)に東京會舘で行われた
贈呈式の模様をお伝えします。

第15回日本ホラー小説大賞
<大賞>
真藤順丈さん『庵堂三兄弟の聖職』
<長編賞>
飴村行さん『粘膜人間』
<短編賞>
雀野日名子さん『トンコ』
田辺青蛙『 生き屏風 』 
11/20(木)26:55
11/21(金)11:55
11/27(木)26:55
11/28(金)11:55
12/4(木)26:55
12/5(金)11:55
12/11(木)26:45
12/12(金)11:55 ほか

授賞式については、本当に頭が真っ白で何を話したか覚えていません。
なので自分は怖くて番組を見れそうにないです(汗)
スポンサーサイト

tag : ミステリチャンネル Mysteryゲストルーム 真藤順丈 福田和代 日本ホラー小説大賞 授賞式 飴村行 雀野日名子

秋の薔薇

六月頃に咲く、薔薇も好きですが、今の晩秋の時期に咲く薔薇も違う美しさがあって好きだったりします。

rose.jpg
rose2.jpg


昔、『ポーの一族』の影響で、薔薇のエキスを煮詰めて作ろうとして大失敗した思い出があります。
薔薇の花びらを鍋で煮詰めて出来たのは、微妙な茶色っぽい煮汁だけでした。

ネットで色々と調べてみたんですが、早朝に積んだ薔薇の花びらを取って水に数時間浮かせて香をまず移らせてから花びらを取り省き、その水を煮詰める。
それを2~3度繰り返すと薔薇水が出来るそうです。
ローズオイルを1kg精製するには3~4トンの薔薇が必要だとか。

まぁ、そんなこんなで吸血鬼も大変だなと思った秋の日の黄昏時でありました。


TOKYO BLACKOUT

関西の作家さんである、福田 和代さんの『TOKYO BLACKOUT』が発売されています。

近所の本屋さんでも、真藤順文さんの『地図男』や、東野圭吾さんの本と共に沢山積んでありました。


08-11-10_002.jpg

(うーん、携帯を変えたせいか画像がぼけぼけだなぁ……)

福田さんが何度も取材されたということだけあって、ドキュメンタリーかと思ってしまうような、臨場感あふれる凄いお話でした。
読み終えた後には手がじっとりと汗ばんでしまったほど、停電に至るまでの説明や、大停電が起こった時の被害描写も凄く生々しく書かれています。

 私は1997年の6月12日にオークランドで大停電を経験したことがあるですが、そういえばあの時も大変だったなぁ……
(オークランドの80%以上のエリアが12時間以上の停電に見舞われた事件、完全な復旧には一ヶ月を要しました)

そんなわけで、停電は怖いですよ!





本の泉」で、現在福田和代さんの素敵なインタビュー記事が読めます。
http://www.yurindo.co.jp/izumi/izumi.html

まだ読んでない方がいましたら、お勧めの一冊ですので、ぜひ、ぜひ。

tag : 福田和代 停電 本の泉 TOKYO BLACKOUT 真藤順丈 地図男

日刊ゲンダイで紹介されました

ちょっと紙面に掲載されてから時間が経ってしまいましたが、『日刊ゲンダイ』で「生き屏風」が紹介されました。

レビューアーは大森望さんで、現在その記事はネットで読むことが出来ます。

《今週のマイベストブック》

http://www.gendai-direct.com/shop/goods/goods.aspx?goods=bk081103b
↑(さりげなくビーケーワンの宣伝もしてある、ナイスな記事です)

tag : 日刊ゲンダイ 大森望 レビュー 田辺青蛙 生き屏風 雀野日名子

STUDIO VOICE

やっと、「STUDIO VOICE」をゲットしました。
やっぱり大阪の書店の方が色々と充実している様子。

表紙からして、「オカルト、ホラー&ミステリー!」と書かれていてもうわくわくが止まりません。
しかも「怪談の語り方!」という特集ページでは、黒史郎さんと平山夢明さんが対談されているじゃありませんか。しかも背景が産婦人科!?

blackout.jpg
(なんか、この画像だと手から血が出ているようにも見えますね……)

ああ、しかも黒さんは「てのひら怪談」の中で僕が好きな作品、「祖父のカセットテープ」の裏話をしているじゃありませんか。

宇宙語の話題や、怪談取材の極意まで書かれている、大変読みごたえのある記事でした。

で、ページをめくると「鶴見・異界散歩地図」が広がっていました。
しかも、その地図を描かれているのは山下昇平画伯です。

都市伝説に怪奇事件簿にUMAと、もうなんっていうか自分の大好物な記事がこれでもか!ってくらい入っています。山下さんのイラストも盛りだくさんですよ。

まぁなんっていうかこれから、何度も読み直してじっくりと味わおうと思います。
いつか、私も鶴見に行ってみたいなぁ……。

tag : STUDIO VOICE 黒史郎 平山夢明 都市伝説 オカルト 祖父のカセットテープ

本の旅人

 「本の旅人」11月号に日本ホラー小説大賞特集の記事が掲載されています。
大森望さんと大賞受賞者の真藤順文さんの対談、そして部門賞3作と曽根圭介さんの新刊の書評が紹介されています。

 私の「生き屏風」の書評は、同じ『てのひら怪談』作家であり妖怪仲間でもある、フリーライターの門賀美央子さんが書いて下さいました。
とっても素晴らしい書評なので、ぜひお手にとって読んでいただけましたら幸いです。
「本の旅人」は角川書店発行のフリーペーパーですが、お近くの書店で見つからなければネットからご注文できるようです。

http://www.kadokawa.co.jp/mag/tabibito/

tabibito.jpg

イベント情報

今週末はイベントが盛りだくさんです。
こういう時は地方に住んでいる自分が残念でしょうがないです。

 まずは、プラグスーツを作成して下さった山下画伯が舞台美術を行っている、演劇祭の情報です。

■劇団夢現舎 2008年エディンバラ国際演劇祭 東京凱旋公演

「蟻のごちそう~The Feast of the Ants~」
 http://www.mugensha.net/j/03next_stage/next_stage_2008sou.html
日時:2008年 11月8日(土)19:00~  11月9日(日)13:30~/18:30~
場所:紀伊国屋サザンシアター


 そして日曜日には文学フリマが行われます。

■「第七回文学フリマ」

オフィシャルサイト:http://bunfree.net/
日時:2008年11月9日(日)11:00-16:00

場所:第7回文学フリマ 1階 A-52「エディション・プヒプヒ」
 回廊文庫第一弾
『幻視コレクション~新しい現実の誕生~』
 http://magazine.kairou.com/

 また、こんなイベントが阿佐ヶ谷ロフトで行われるそうです。

「妖怪謝肉祭5」

 妖怪研究家・多田克己と妖怪絵師・東雲騎人が織り成す妖怪トークイベント。
妖怪の基礎知識から多田先生の生い立ちまで、時間の許す限りしゃべり倒す。
笑いあり涙(よだれ?)ありの、至福のひと時を共に過ごしましょう!
 ゲストは…声をかけているけど今のところ未定!
【出演】 東雲騎人、多田克巳、他
11月9日(昼)OPEN12:00/START12:30
前売/当日共に¥1,500(飲食別)
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 うーん、何だか盛りだくさん過ぎてまた、うっかりと東京に行ってしまいそうな自分の存在を感じるぞ……。


授賞式でした

 10月31日はハローウィンと、そして「ホラー小説大賞」の授賞式でした。
大勢の人前で、話をする機会なんてあまりないので檀上では頭が真っ白で何を言ったのか全く覚えていません。
授賞式
↑(作家の黒史郎さんからお写真を頂きました。ありがとうございます)
右端が、大賞受賞者の真藤順丈さん、真ん中が長編賞の飴村行さんになります。

 過去の受賞者の作家の方や編集者の方々から色々なアドバイスを頂き、ありがとうございました。
これからをスタートに、本賞の受賞者の一人として期待を裏切らぬよう、気を引き締めて執筆に励みたいと思います。

 ホラー作家ということで怖そうな方ばかりだったらどうしようと思っていたのですが、みなさん優しい人ばかりでした。今回来られなかった、雀野日名子さんにもお会いしたかったです。

 そして授賞式でも披露しました山下画伯お手製のプラグスーツについてですが、現在製作過程についてのページをカタカタと作成中です。
画像を複数立ち上げるとフリーズするPCで作っているので、時間は掛かりそうですが(汗)

tag : 真藤順丈 プラグスーツ

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。