スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント情報

妖怪造形作家であり、お化け仲間の瞳硝子さんが、先日紹介しました「第一回 妖怪アートフリマ モノノケ市」に出店されるようです。

残念ながら、京都には品物のみの出店で、ご本人はいらっしゃらないようですが、京都であの可愛くも不気味なトンボ玉で作られたお化け達に逢えるかと思うと楽しみでしょうがありません。

東京でも「ホビーショー」や「デザインフェスタ」で出店されるそうなので、お化けや可愛いもの好きな方は、是非、是非~♪

私はお財布に薄いパールがかった緑色の河童の赤ちゃんと、鞄にぷちたく(小さい白澤)を付けています。


DSCF0594.jpg
スポンサーサイト

tag : 瞳硝子 デザインフェスタ ホビーショー

「マヴォ」

現在京都精華大学のマンガ学部で教えていらっしゃる、竹熊健太郎さんから『マヴォ』をいただきました。

DSCF0589.jpg

本の中には噂の問題作、イカになりたがる美少年の話も入っています。
ちょっとクトゥルー神話的な世界観の不思議なお話です。

■そんな『マヴォ』の即売会情報■

●5月3日 SUPER COMIC CITY18 有明ビッグサイト 東6 む-42a

http://www.akaboo.jp/
↑赤ブーブー通信社公式

●5月5日 COMITIA88 有明ビッグサイト 東1 の-01b

http://www.comitia.co.jp/
↑COMITIA公式

_____________________________

そして、竹熊さんが司会を務める『フィフスエレメント』等で有名なフランスの漫画家
メビウスの講演会や、それにちなんだイベントがGW中に行われる予定です。
mebius2.jpg


メビウスの世界」 LE MONDE MOEBIUSIEN 2009年4月15日 09:31
~マンガ界の世界的巨匠メビウスの講演会・企画展~

トーク・パフォーマンス
メビウス×村田蓮爾 線が語る―イラストレーションからマンガへ」
開催日時:2009年5月6日(水祝) 14:00~16:00
場所:京都国際マンガミュージアム
メビウス氏と人気イラストレーター村田蓮爾氏との作品制作をめぐるトークイベント

講演会「メビウスが語る、メビウスを語る」
開催日時:2009年5月7日(木) 14:40~17:40
場所:京都精華大学
メビウスの講演と、アニメーション監督りんたろうと大友克洋がメビウスとの出会い、作品の魅力を語り合う2部構成

企画展
「彼自身によるメビウス―フランス・マンガ界の巨匠ジャン・ジロー=メビウス」展
開催期間:2009年5月4日(月)~6月7日(日)
場所:京都国際マンガミュージアム

ゲストもかなり豪華な講演会のようですね。

京都国際漫画ミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

実は京都に住んでいながら、今まで一度も「京都国際漫画ミュージアム」に行ったことがないので、これを機会に行ってみようと思います。
去年、黒史郎さんに見せてもらった素焼きのドラえもんの絵付けはまだやっているのだろうか……。

tag : マヴォ メビウス 京都国際漫画ミュージアム 竹熊健太郎

春なのに

ここ数日、風が強くてずっと寒いです。
だけど公園に行けば、藤に躑躅と初夏の花が満開で新緑も目に鮮やか。
ああ、これで温かければ文句なしなんだけどなぁ……。

DSCF0595.jpg

DSCF0591.jpg

数年前にお化け関係のイベントで知り合った風眠庵こと加藤圓正さんから、浄土真宗伝道資料センター機関誌『』をいただきました。

加藤圓正さんは表紙のイラストを手掛けられています。

DSCF0588.jpg

加藤圓正さんは、現在発売中の『』0026号でも、奥様とご一緒に登場。
紙面の中で、加藤さん(風眠庵)の妖イラストや版画を観ることが出来ます。


そして、加藤圓正さんの奥様の「田中屋」さんのサイトで知ったのですが、ゴールデンウィークには京都でこんなイベントが催されるようです↓

《第1回 妖アートフリマ モノノケ市》
大将軍商店街妖ストリートで開催されている妖イベント、
仮装行列や妖怪作品展などで活躍している芸大生やその他の作り手さんが、
今回は手作り妖怪グッズのフリーマーケットを開催します。
かわいく、不気味で、楽しく、怖い、日本初の妖怪フリーマーケット。
ゴールデンウィークは春の陽気に誘われて、妖気漂うモノノケ市へ──。
●日時
2009年 5月4日(月・みどりの日)5日(火・こどもの日)10:00〜17:00
●場所
大将軍商店街内
●主催
大将軍商店街振興組合
●企画&プロデュース
妖怪藝術団体 百妖箱(京都嵯峨芸術大学)
http://www.kyotohyakki.com/web_0317/mononokeiti%2009.html

どんな商品が手に入るのか今から楽しみです。
ゴールデンウィーク中に京都を訪れるご予定のある方はいかがでしょうか?

tag : お化け

竹の秋

DSCF0590.jpg

家から歩いて数分の場所にある竹藪。
タケノコの時期になると、竹の葉は黄色くなる
親竹がタケノコの育成のために養分を与えるからこうなってしまうらしいのだが、どことなく今の時期の竹藪は侘しく見える。

ちなみに僕の住んでいる町は、竹取物語の舞台であったという話があるが、ネットで調べてみると伝承の候補地が10箇所ほどあって驚いてしまった。


『小説すばる』

4月17日(金)発売の『小説すばる』5月号に「碁盤の会」という掌編が掲載されます。

5月号の『小説すばる』は京極夏彦さんの「虚言少年」というタイトルの新シリーズもスタート!
特集は「青春小説の最前線へ。」となっています。

そういえば僕の青春時代はといえば、……中学生の時は絵を描いたり、自転車で頻繁に遠出をしていたような記憶があります。
あの頃は嵐山まで自転車で往復とか平気だったんだなぁ。
今は階段の上り下りだけでも息が上がってしまうというのに。


小説すばる
http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/

tag : 小説すばる

イチゴを狩って来ました。

DSCF0543.jpg


週末お化け仲間の人たちと、旅行に行って来ました。
そこで苺狩りを体験し、白い苺という物の存在を知りました。

白い苺↓
DSCF0565.jpg

熟れていないのかと思ったら、こういう種類の苺だということだそうです。
しかもお値段は1粒で1000円程だとか。
ひょえー……。

色んな種類の苺を食べられる苺園で、30分食べ放題で1000円(白い苺は省く)
個人的には小さめの苺の方が甘みが強いような気がしました。30分で一年分の苺を摂取したような気分になるほど、苺でお腹が一杯に。

これからが本格的な苺狩りのシーズンだそうなので、ご近所に苺園があるって方は一度行かれてみてはいかがでしょうか。

DSCF0550.jpg
苺の授粉用の蜂が入っていた段ボール箱。

『日本の仏教の事典』

日本の仏教の事典』 が先日我が家に届きました。
執筆にはお化け仲間でもある、フリーライターの門賀美央子さんが関わっています。

恥ずかしながら、私は祖母の生家が浄土真宗のお寺さんであるにも関わらず、仏教のことを何も知らないので、この御本はとても役に立ちました。
何気なく通っていたお寺さんのことや、それぞれの宗派やお寺のなりたちや御坊様のことなど情報盛りだくさんのこの一冊は、1500円ちょっとで本当にいいのかしらと思うってしまうほどで、これから観光でお寺に行く時等にもとても役立ちそうです。


「本の解説」
奈良仏教から近代の教団まで、日本仏教の代表的宗派を網羅紹介する一冊。各宗派の、開祖、本山、歴史、教義、名僧、名刹、用語解説などを豊富な写真・図版とともに紹介。また、分派の詳細なチャートを付した。これ一冊で日本仏教のすべてがわかる!




tag : 日本の仏教の事典 門賀美央子

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。