スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すきすきすきすき……

週末に一休寺(酬恩庵)へ行って来ました。


『一休寺』(酬恩庵)
http://www.ikkyuji.org/

DSCF1509.jpg

丁度、紅葉が見ごろでした。

DSCF1506.jpg

紅い。

DSCF1512.jpg

一休さんの墓所。
宮内庁管轄なので、中に入ることが出来ません。


DSCF1514.jpg

なので隙間から……。

DSCF1527.jpg

ここだったか。

DSCF1525.jpg

これは……なに?




DSCF1528.jpg

一休さんの像。
とぼけた感じのお顔です。


DSCF1519.jpg

それじゃまたね、一休み、一休み。





スポンサーサイト

『今昔抄・傘』~コンジャクソウ サン~

妖怪絵師で版画家の風眠庵さんと、お化けのアクセサリー作家である田中屋さんによる展示会が12月1日から行われます。

田中屋さんのブログで見たバクのネックレスに、傘化けピアス……見ているだけでちょっと欲しくなってしまいました。
展示会では風眠庵さんによる『百怪図』の「巻二」も発売される予定だそうです。
個人的には、お化けのTシャツを復刻して欲しいなと思っていたり……。(冬だけど)


第三回妖怪合同展
『今昔抄・傘』~コンジャクソウ サン~
風眠庵×田中屋

【日時】 2009年 12月1日(火)~12月6日(日)  
11:00~19:00  

【会場】 「千駄木空間」 03-6904-3911 
東京都文京区千駄木 2-49-8  
http://www.sendagi-kukan.com

info_kjs_san.jpg

寒い日のお化け達をちょこっと覗いてみませんか?

講演『荒木麻美のジョジョと奇妙な生活』

荒木飛呂彦先生の奥様、荒木麻美様の講演会へ行って来ました。

DSCF1478.jpg

入口には黄色い蛙がいました。
名前を聞くと「こまっけろ」とのこと、駒場祭のマスコットキャラクターだそうです。
金田淳子さん曰く、「こいつ絶対に自分のこと可愛いって知ってる顔だよねー」とのこと。

DSCF1479.jpg

おたまじゃくしからの変体途中……?
思春期の難しいお年頃なんでしょうか。

DSCF1477.jpg

控室でジョジョ立ちの鬼教官さんに御挨拶。
実は数年前の大阪城でのジョジョ立ちイベントに参加した経験があります。
だから、鬼教官さんにお会いするのは6年ぶりくらいでしょうか?

filename_=iso-2022-jp1B24B3CL3F3F1B28B[1]
麻美さまとのジョジョ立ち。
filename_=iso-2022-jp1B24B3CL3F3F1B28B.jpg
見守るレモーネ様とも御一緒に。

講演会は午前中で300枚の整理券は配布終了。
最終的には450名以上の方が集まったそうです。

秘蔵映像が公開されたり、麻美さまのジョジョ立ちが披露されたりと本当にミどころ満載の楽しい講演会でした。

イベント終了後、『ユリイカ』の編集長Y氏と801研究家の金田淳子さん、学術博士のA女史と共に飲み会へ……。

ここでは書けないような腐女子トークを繰り広げたような記憶が、おぼろげにあります(汗)

講演会については『@JOJO』に詳細なレポートがアップされているようです。
http://atmarkjojo.org/archives/2009/2009-11-23-001950.html

11月も終わりに近づいてきましたが……

発売日からかなり経ってしまいましたが、『ダイナー』と今月号の『ダ・ヴィンチ』です。

DSCF1494.jpg

『ダイナー』は『ポプラビーチ』に連載中の時から貪るように読んでいました。
グロ描写が多いのにも関わらず、読んでいるとハンバーガーとスフレが猛烈に食べたくなる不思議な御本です。
そして、ボンベロがカッコよすぎる。

09-11-24_002.jpg


『モス バーガー』のあったかスフレ・プリンちゃん。

DSCF1497.jpg


『ダ・ヴィンチ』には『ダイナー』に関する読み応えのあるインタビューが載っています。
インタビュアーは門賀美央子さん。

他にも何やら見覚えのある人が載っていたり……。

DSCF1496.jpg

お稲荷さんのお土産

DSCF1461.jpg

伏見稲荷で買った、御煎餅。

ガリガリガリ……。物凄く固い。
味はちょっと甘くて懐かしい感じ、白みそが入っているらしい。

DSCF1462.jpg

ん?
中から何か出てきたぞ。

DSCF1465.jpg

取り出してみたら、おみくじでした。
内容は当たっているような、そうでもないような……。

調べてみたら、おみくじの内容は売っているお店によって異なるようです。




伏見稲荷へ行って来ました

週末は天気が良かったので、伏見稲荷へ

DSCF1373.jpg

何回も来ている神社だけど、訪れるたびに発見があります。

DSCF1374.jpg

だって広いから……。
(7~8回来ているけれど、まだ見ていない場所が沢山あります)

DSCF1386.jpg

デカイ! カッコイイ!

DSCF1395.jpg

さあ、鳥居をガンガンくぐって行くぞ。

DSCF1397.jpg

吸い込まれてしまいそうだ。

DSCF1403.jpg

途中でちょっと休憩。
視線を感じたので、顔を向けると狐たちが見ていた。


DSCF1404.jpg

二匹並んで仲が良さそう。

DSCF1416.jpg

小さくって可愛いのが、わらわらわら。

DSCF1420.jpg

ん?

DSCF1426.jpg

蛙狛犬(犬じゃないけど)発見!

DSCF1432.jpg

背中にも子蛙。

DSCF1421.jpg

こちらも蛙。
でも、狛蛙と手水舎しかない不思議な神社。
謎は深まる。

DSCF1411.jpg

さて、お腹も空いてきたことだし帰ろう。
また来るよ。



告知とか色々

『東雅夫の幻妖ブックブログ』
http://blog.bk1.jp/genyo/
↑に載っているアレな感じのコスプレ衣装ですが、山下昇平画伯が作成した物じゃないです。
某所のリサイクルで買った衣装なので、去年と比べるとかなり再現度は低いですが……これから個人的にじっくりと弄ってみようかなと企んでいます。

さて、
『日刊サイゾー』にてブックレビューの連載を開始することになりました。

タイトルは「妖しき本棚」
http://www.cyzo.com/2009/11/post_3120.html

今後、月に2回くらいのペースで更新する予定です。
1回目は『封印漫画大全』という本を紹介しています。


そして日時が迫って来たので再告知。
パワフルな荒木飛呂彦さんの奥様、荒木麻美さんの講演会です。

『荒木麻美のジョジョと奇妙な生活』
団体名:東京大学ジョジョ研究会
企画場所:7号館761教室
企画時間:21日 13:30~15:30

http://www.a103.net/komabasai/60/visitor/main/kikaku?id=766

関係者のレモーネ様によると、
>「ファン必見の内容です」とのことでした。

image005.jpg
麻美さんからいただいた、ジョジョ立ちのお姿。

ST39.jpg
告知用ポスター。

P1010153.jpg

『ジョジョの奇妙な百人一首』の開発や、『ジョジョの奇妙な花闘(はなばとる)~杜の花~』を手がけた近藤真由子さん、やおい研究家の金田淳子さん、レモーネ様、荒木麻美さんとご一緒に、とある謎のお食事会の後にて。


そういえば大学の学園祭に行くなんて初めてです。
アニメなんかでよく見る世界が繰り広げられているのでしょうか。
そんなわけで色々と楽しみです。
わくわく。

クリスマスに

12月25日に『生き屏風』の続編『魂追い』が発売予定です。
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=200906000484

続編といっても、出てくる登場人物が同じだけで、前作との接点は殆どありません。

驚いたのは、イラストが『狼と香辛料』等で有名な文倉十さん。
どうやら1冊目とはかなり違った雰囲気の装丁になりそうです。









tag : 狼と香辛料 文倉十

怪遊展とヒトガタ展

天野行雄さんと山下昇平さんによる中野の『怪遊展』へ行って来ました。
授賞式の翌日には、他のホラー作家さんもいらしたようです。

DSCF1355.jpg
お店を見つけたぞ、入ってみよう。

DSCF1361.jpg
いきなりイノモケな世界が展開。

DSCF1357.jpg
妖しいランプが揺れている。

DSCF1362.jpg
お化けポストに手紙を食べさせてみた。

DSCF1363.jpg
壁には鬼の顔達がわらわらわら。

DSCF1358.jpg
彼女に見つめられながら、辛いジンジャエールを飲んだ。

天野さんと山下さんとカフェで、のんびりとお化けのことなんかをお話しつつ、午後の時間はゆっくりと過ぎて行きました。

授賞式とかもろもろその他

『角川ホラー小説大賞』の授賞式に行って来ました。
去年食べれなかったローストビーフうまし、あとちっこい林檎に入ったサラダやゼリーも美味しかった。

今年の受賞者は

「大賞」
化身」宮ノ川 顕さん

長編賞
嘘神」 三田村志郎さん


短編賞
今昔奇怪録」朱雀門出さん


朱雀門さんは『てのひら怪談』の時から知っているので、何だか嬉しい。
授賞式のスピーチは宮ノ川さんも朱雀門さんも、凄く上手かったのがちょびっと悔しい。
去年の僕なんか壇上で固まって頭が真っ白になって、あうあう状態だったというのに……。
特に朱雀門さんのスピーチは、最後にどんでん返しのオチのある怪談噺で凄かったです。
(三田村さんは都合で出席されなかったので、代理の編集担当さんが原稿を読み上げました)

会場では相変わらず渋くてカッコイイ、彫順こと真藤順丈さん、『粘膜兄弟』のプロットをこっそり聞かせていただいた飴村行さん(正直凄い内容でした、『粘膜蜥蜴』よりも問題作になりそうです)、ミーコ姫が可愛い、倉阪鬼一郎さん、『あげくの果て』の曽根圭介さん、『紗央里ちゃんの家』の矢部嵩さん、沖縄旅行ではお世話になりました、恒川光太郎さん、森山東さん。「ポプラビーチ」で『遊星ハグルマ装置』を連載中の朱川湊人さん。
京フェス以来な遠藤徹さん、特撮大好き小林泰三さん、次回からホラー小説大賞の審査員に加わる貴志祐介さん、コスプレで一緒に写真を撮ったよ福澤徹三さん。
『幽』の関係の方も沢山来ていて、お話が出来て楽しかった。
お父さんになった黒史郎さん、昨年はプラグスーツの作成やモロモロのことでお世話になった山下昇平さん、色んなジャンルを幅広く手掛けている、フリー・ライターの門賀美央子さん、編集Rさん、編集μさん、デスメタルSさん、『ダ・ヴィンチ』の副編集長のキッシーさん、『幽』編集長東雅夫さん。
『異形コレクション』の井上雅彦さん、漫画家の児島都さん。
『iPS細胞~世紀の発見が医療を変える』の八代嘉美さん。
他にも早川書房のIさん、青土社の山本充さん、バンダイ・ヴィジュアルのSさん等にお会いしました。

今年は随分とお酒も飲んでいたので、記憶があやふやなところもあるけれど本当に楽しい授賞式でした。
来年もたくさんの受賞者が出てパーティーあると嬉しいです。

明日の文化の日は受賞作をじっくり読んでまったり過ごす予定です。

DSCF1365.jpg


『本の旅人』はホラ大の受賞者さんの情報満載でした。

そして『山田風太郎賞』設立のニュースも授賞式の時に発表されました。
DSCF1366.jpg

角川書店が「山田風太郎賞」を創設
角川文化振興財団と角川書店は30日、「山田風太郎賞」を創設すると発表した。
 新人から中堅作家までが発表した国内の小説を対象に、「その年で最も面白い」作品を選ぶ。
「忍法帖」シリーズをはじめ伝奇小説、ミステリーまで幅広いジャンルの作品を書いた故・山田風太郎にちなみ、ジャンルは限定しない。
対象は、毎年9月1日から翌年8月末までに本として刊行された作品。第1回受賞作は来年10月に決定予定。副賞100万円。
選考委員は、赤川次郎、京極夏彦。桐野夏生、重松清、筒井康隆の5氏。
(2009年10月30日19時53分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091030-OYT1T01035.htm

今後もいろいろと角川書店は凄そうです。

tag : てのひら怪談

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。