スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児嶋都さんの個展『いちご心臓』へ行って来ました。

児島都さんの初個展に行って来ました。

DSCF2788.jpg


美しく可愛らしく、そしてグロテスクな原画を間近で見ることが出来て大感激。

DSCF2794.jpg

DSCF2798.jpg


個人的に、彼女の使うピンクや鮮やかな青、そして眼球が大好きです。
それに、描かれている少女や少年たちの視線からどことなくエロスを感じるんですよね。

omeme.jpg


画廊では思わぬ方にお会いすることも出来、児島さんの絵達に見守られながらとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
今月の27日まで開催だそうなので、ご興味のある方はぜひぜひ♪

DSCF2803.jpg


ヴァニラ画廊には何故か、エロ・ガチャポンやアンティーク物の貞操帯がありました。

●期間 2月15日~2月27日

●住所 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階

●TEL&FAX 03-5568-1233

●営業 平日12時~19時  土曜・祝日12時~17時  日曜休廊

『銀座ヴァニラ画廊』

http://www.vanilla-gallery.com/index.html



スポンサーサイト

観光地で見つけたモノ

DSCF2719.jpg

やぁ!

DSCF2718.jpg

鳩を食べる鬼

DSCF2744.jpg

熊を食べる鮭

黄色が眩しい御本

DSCF2662.jpg

福田和代さんから、『プロメテウス・トラップ』をいただきました!

毎回物凄い取材をされてから執筆される福田さん。
今回もドキュメンタリー小説家と時々錯覚させられてしまう程の、リアリティーが感じられる作品です。
(現在読んでいる最中)

福田さんはSEだった経験もあるので、ネット社会についての描写も凄いです。

さて、続きが気になってしょうがないので、ブログの記事をもう一つだけアップしたら読書に戻ります。

けろサブレとその他のことについて

DSCF2655.jpg

名古屋のお土産に可愛い、カエルサブレをいただきました。
サクサクしていて、美味しかったです。

そして、先日取材を受けた記事が、2月3日の「朝日新聞」京都版に掲載されました。

DSCF2667.jpg

ありがとうございます。

へんぐえ

ノベルナビで、立花腑楽さんから購入した『へんぐえ』

DSCF2658.jpg

(表紙絵:岩里藁人氏)

 「一体の妖怪につき、一つの物語」をコンセプトとした1200文字以内の掌編アンソロジー。
 総勢23名の著者による29話の「おばけ話」を収録しています。


http://flack2009.blogspot.com/search?updated-min=2009-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&updated-max=2010-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&max-results=15

現在続刊の計画についてもTwitter等を通じて企画中。
次は僕も参加する予定です。


そして、某つながり経由で知ったのですが、こんなイベントが!

サタデープログラム
http://www.satprogram.net/

怪談や政治から医学から、ものづくり、芸能、経済まで物凄く幅広い講座を豪華なゲストで行われるイベントなので、東海地方でご興味のある方はぜひぜひ♪

第一回・ノベルナビ講演会

第1回ノベルなび大賞の結果が発表されました。
http://novelnavi.kyoto-tales.net/2010-02-01-200

DSCF2641.jpg

ノベルなび大賞の募集(http://novelnavi.kyoto-tales.net/2009-10-10-19)には約200編の作品応募があり、現在、その中から31の作品がノミネートされました。

1月30日にはノベルなび大賞の発表・授賞式と、ノベルなび選考委員である、作家の我孫子武丸、北野勇作、遠藤徹各氏による「小説によるまちおこし」のシンポジウムや超短編実践講座が開催されました。

※ノベルなびとは、
1000文字のロケーション情報を持った小説です。
フィクションとリアルを織り込んだ心に残るエピソードで、 その舞台となる地域の魅力を輝かせる「まちおこしノベル」です。さらにiPhoneでは、その舞台へ道案内します。
ノミネートされた作品を読むには
・iPhoneでは、「花なび」アプリから
http://itunes.apple.com/WebObjects/ MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=304091875&mt=8
・WEBでは
http://flowertourism.net/novelnavi?kt=25&stage1


DSCF2650.jpg
作家陣による講演

DSCF2652.jpg

キャラクターを使った町おこし

DSCF2647.jpg

授賞式の一コマ
『てのひら怪談』のメンバーでも知られる、五十嵐彪太さんは遠藤賞 ソフトバンクモバイル賞でしゃべるお父さんストラップを獲得。

授賞式のあとでお父さんストラップは大人気でした。

他にも見知った顔の方がたくさんいらしていて、なんだか『てのひら怪談』のオフ会のような状況に……。
近々第二回、三回も開催されるようで今後のノベルナビの展開が楽しみです。


洞窟的な場所

DSCF1759.jpg

ずずーん

DSCF1755.jpg

蝋燭をゲットして奥へと進む

DSCF1754.jpg

ヨッシーアイランドの中で、こういう面あった気がする

DSCF1756.jpg

洞窟の中には空海や役の行者の石造がありました
蝋燭の炎が幻想的
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。