スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月鬼

今月発売予定の、「皐月鬼」の情報が出ました。

201004000189.jpg

このシリーズの完結編になります。
イラストの皐月も雰囲気がちょっと変わったかな。
素敵な装丁画を描いて下さったのは、前作「魂追い」と同じ文倉十さんです。

デビュー作「生き屏風」から年1冊ペースで出してましたが、あっという間の3年間でした。
しかし、この本を出してから色んなことが変わったなあ……。



「皐月鬼」

[ 内容 ]
火の山への旅を終え、戻ってきた静かな日常の中、幻獣、外つ国の妖、妖狐……妖鬼・皐月と猫先生の周辺にはいろいろな出来事と妖が。妖鬼・皐月の物語完結巻。
※発売日以降在庫が入り次第[購入]ボタンが付きます。 発売日:2010年 12月 25日
定価(税込): 580円
文庫判
ISBN 978-4-04-392303-8-C0193
発行元:角川書店

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=201004000189

スポンサーサイト

東北に行って来ました2

Web拍手くれた方ありがとうございます。
東北は色んなスポットがあるようですね。

で、今年は「遠野物語」発刊100年ということで、色んなイベントがありました。
そして「怪遺産の認定式」もお化け大学のイベントであったりもしたわけで、そっちの方にも行って来ました。

イベントについては、Webサイゾーでちょこっとレポートを書かせていただきました

祝「怪遺産」認定! 妖怪文化が生き続ける街・岩手県遠野市
http://www.cyzo.com/2010/11/post_5918.html

DSCF0104.jpg
お化け大学の学長、水木しげるさんの像

DSCF0141.jpg

スタンプラリーなんかもありました

DSCF0108.jpg

憧れのローカルヒーロー、マブリット・キバのショーを見に行ったり

DSCF0125.jpg

五百羅漢岩を見に行ったり

DSCF0118.jpg

五百羅漢岩は、大慈寺の義山和尚が大飢饉の犠牲者供養の為にたった一人で彫ったという

DSCF0129.jpg


縁結びで有名な卯子酉様は赤い布が鮮やかでした

DSCF0199.jpg

座敷わらしが出ると噂される、早池峰山近くの廃校

DSCF0174.jpg

その近くの民宿にも座敷わらしが出るという

DSCF0116.jpg

うお! これは注意せねば



来年もまた、機会があればふらりと訪れてみたいです

東北に行って来ました(その1)

これまた結構前のお話なんですが、岩手に行って来ました。

DSCF0297.jpg

「北上市立鬼の館」へ行って来たり。

DSCF0269.jpg

鬼の足跡を見たり。

DSCF0220.jpg

「遠野物語」に出てくる座敷わらしの話、山口の孫左衛門のお墓がある場所を教えてもらったり……。

続きはまた、明日。

思い出日記

一鬼夜行』の小松エメルさんとポプラ社で対談しました。

対談ページ↓
http://www.poplarbeech.com/pureful_pickup/005008.html
小松エメルさんは、物凄く笑顔のチャーミングな御嬢さんでした。
一鬼夜行」は出てくる妖怪達が可愛くて、健気で大好きです。
お化け好きにはお勧めの一冊ですよ。

一鬼夜行特設サイト↓
http://bungei-pureful.jive-ltd.co.jp/ikkiyakou/index.html

そして、もうこれも出てから結構経っていますが……こんな雑誌が創刊されました。

カドカワキャラクターズ
「ノベルアクト」
200905000543.jpg


角川発キャラクター小説、始めました!

[ 著者 ]
神永学 吉野匠 滝本竜彦

イラスト:鈴木康士
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200905000543
[ 内容 ]
"物語を演じる物語"――注目の若手作家が書き下ろすキャラクター小説集。
第1号の特集は、アニメ化も決定した大人気シリーズ「心霊探偵八雲」と神永学。
人気声優との対談や、誌上アニメ試写レポも!


私はこの中で、「いいじゃないですか、趣味ぐらい自由でしょ。あんただって陰でどんな(略)」
という大変長居タイトルの、突っ込みどころだらけなコスプレ物のお話を書いています。

滝本竜彦さんのインタビューとか、海猫沢めろんさんの妖怪+落語小説、
オナニーマスター黒沢で知られる、伊瀬 勝良さん等……豪華な面子の描き下ろし満載なので、見かけたらお手に取って貰えると嬉しいです。
ちなみにこの雑誌の、編集長であるKさんは物凄い人です。

どう凄いかは、説明し辛いんですが、滝本さんとの居酒屋インタビューを読んでもらえればちょこっと分かっていただけるような気がします。

tag : 小松エメル 一鬼夜行

金沢へ行って来ました

もうずいぶん前のことなので、デジカメに入っている画像なんぞを見ながら書いています。
怪談雑誌「幽」のイベントを見に行く為に、金沢へ行って来ました。
いつのことだろうと思って調べたら、9月19日のことのようです。

その時のイベントについては、Web「幽」にちょうど詳しいレポートが出ていました。
http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php?option=com_content&task=view&id=2219&Itemid=28

思い返してみれば、今年は妖怪でも怪談でも沢山素敵なイベントがありました。

「幽」の怪談イベント、
お寺で怪談を聞いたのは初めてで、どのお話も面白く、オールナイト・イベントだったけれど長いとは感じませんでした。

金沢は初めて行ったのですが、思ったよりも都会で何を食べても美味しくいい町でした。
ライターの門賀美央子さんと行った、郷土料理屋さんはいまだに思い出しただけで、涎が出そうになる程です。

さて、「幽」のイベントでは漫画家の波津彬子さんがゲストとして色んなお話を披露されたのですが、その中で出てきた「忍者寺」が気になったので、イベントが終わった翌日一人で行って来ました。

DSCF0036.jpg

忍者寺(妙立寺)についてはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%E7%AB%8B%E5%AF%BA(Wiki)

忍者寺というけれど、実は忍者とは関係ないそうです。
ただ、お殿様が敵を欺くために色んな仕掛けを作ったお寺で、今もそれらの落とし穴等の仕掛けを体験しながら見ることが出来ます。

DSCF0023.jpg

中は撮影禁止だったので、外観をパチリ。


忍者寺のある通りは寺町で、色んなお寺がありました。
中には蛙にまつわるお寺や、飴買い幽霊ならぬ、飴買い地蔵のお話の伝わるお寺なんかも……。

DSCF0028.jpg

飴買い地蔵尊の由来
DSCF0073.jpg

このお地蔵さんがそうなのかな?

DSCF0078.jpg

写真を見ながら、金沢の町にまた行ってみたくなりました。
雪の季節の金沢も風情があるというしなあ……。

今年あったこと、その1

まずは結婚しました。
去年の末に、付き合い始めてから2か月後くらいに結婚しました。

で、5月にお披露目的なパーティーをしました。
色んな方々にその時はお世話になりました。
本当にありがとうございました!!
いろいろと未熟な二人ですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。


DSCF0133.jpg

「てのひら(寿)」なる本をいただきました。
著者の一人、勝山海百合さんと夫の、円城塔さんは学生時代同じSFサークルのメンバーだったとかで、20年前からお知り合いだったとか。これは聞いて驚きました。
いや、世間って狭いのですね。

3人とも、ほぼデビュー時期が同じです。

20100529182345.jpg


そして、なんだか色々と記憶が混ざっているのですが、まあいろいろとありました。
遠野に行ったり、金沢に行ったり、東京に行ったり、また遠野に行ったり……。
思い出せる範囲で、もなもな更新して行きます。

えっ!? もう12月!!!?

一時期は毎週、更新しようとしていたのに……。
長らく止まっていてすみません。
気が付けば今年もあと少し……。

今年あった出来事を順番に振り返っていこうと思います。

あ、まずは引っ越ししました。
新しい住所が知りたい方はご連絡下さい。
引っ越し通知の葉書をお送りいたします。

と、いっても相変わらず住んでいるのは関西圏なんですけどね。
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。