スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと怪談@京田辺

ふるさと怪談@京田辺、無事終了致しました。
お越しいただいた皆様方、東雅夫先生、宮部みゆき先生、京極夏彦先生、中山市朗先生、遠藤徹先生、スタッフの皆様方、京田辺観光協会の職員様、山城書店様、本当にありがとうございました。

そして、整理券が配布開始10分で、定員に達してしまい、御入場いただけないお客様がいらしたこと、誠に申し訳ございませんでした。
中には遠方からいらした方もいたようで、重ね重ねお詫び申し上げます。

また、今回の不備をふまえたうえで京田辺で再び怪談イベントが開催される機会があるかも知れませんので、何卒宜しくお願い致します。

☆イベントの様子が掲載されたサイトを幾つか見つけたので、ご紹介します☆

京田辺観光協会
http://blog.nihon-kankou.or.jp/kankoublog/JTA26211.php?itemid=10299

幻妖ブックブログ
http://blog.bk1.jp/genyo/archives/2011/08/_at.php

京都新聞「怪談でひんやり、鎮魂の意味語る 京田辺で」
http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20110807000028
スポンサーサイト

tag : ふるさと怪談

「ふるさと怪談」トークライブ・イベント@京田辺

kyofys.jpg

8月6日に京田辺市で「ふるさと怪談」トークライブが開催されます。

また、このイベントは東日本大震災の被災地である東北の怪談を広める
「みちのく怪談プロジェクト」を応援しており、入場料はすべて「みちのく怪談プロジェクト」へ寄付されます。

開催日時 平成23年8月6日(土)14時~17時(開場13:30)

場所 京田辺市商工会館(JR京田辺駅東口から徒歩1分、近鉄新田辺駅西口から徒歩3分)
内容 講演やシンポジウム、東日本大震災で被害を受けた被災地からのビデオメッセージもあります。


出演者(敬称略、順不同) 遠藤徹(作家・英文学者)、京極夏彦(作家)、田辺青蛙(作家)、中山市朗(作家)、東雅夫(文芸評論家)、宮部みゆき(作家)

入場料 ¥2,000(収益金は全額「みちのく怪談プロジェクト」に寄付します)

入場方法 8月6日当日午前11時から商工会館1階ギャラリーで整理券を配布します。
定員 160名


問い合わせ先 ふるさと怪談トークライブ事務局メールでのお問合せ: info@monga.jp 

担当 門賀 Twitterでのお問合せ: @hurusatokwaidan (公式アカウント)

http://hurusatokwaidan.web.fc2.com/
主催 「ふるさと怪談トークライブIN京田辺」実行委員会
協賛 京田辺市観光協会、オンラインブックストア ビーケーワン、(株)学研パブリッシング、(株)角川学芸出版、(株)東京創元社、(株)筑摩書房、(株)平凡社、(株)ポプラ社、(株)メディアファクトリー

京田辺市へのアクセス
http://www.kyotana.be/free/access/
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。