スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授賞式とかもろもろその他

『角川ホラー小説大賞』の授賞式に行って来ました。
去年食べれなかったローストビーフうまし、あとちっこい林檎に入ったサラダやゼリーも美味しかった。

今年の受賞者は

「大賞」
化身」宮ノ川 顕さん

長編賞
嘘神」 三田村志郎さん


短編賞
今昔奇怪録」朱雀門出さん


朱雀門さんは『てのひら怪談』の時から知っているので、何だか嬉しい。
授賞式のスピーチは宮ノ川さんも朱雀門さんも、凄く上手かったのがちょびっと悔しい。
去年の僕なんか壇上で固まって頭が真っ白になって、あうあう状態だったというのに……。
特に朱雀門さんのスピーチは、最後にどんでん返しのオチのある怪談噺で凄かったです。
(三田村さんは都合で出席されなかったので、代理の編集担当さんが原稿を読み上げました)

会場では相変わらず渋くてカッコイイ、彫順こと真藤順丈さん、『粘膜兄弟』のプロットをこっそり聞かせていただいた飴村行さん(正直凄い内容でした、『粘膜蜥蜴』よりも問題作になりそうです)、ミーコ姫が可愛い、倉阪鬼一郎さん、『あげくの果て』の曽根圭介さん、『紗央里ちゃんの家』の矢部嵩さん、沖縄旅行ではお世話になりました、恒川光太郎さん、森山東さん。「ポプラビーチ」で『遊星ハグルマ装置』を連載中の朱川湊人さん。
京フェス以来な遠藤徹さん、特撮大好き小林泰三さん、次回からホラー小説大賞の審査員に加わる貴志祐介さん、コスプレで一緒に写真を撮ったよ福澤徹三さん。
『幽』の関係の方も沢山来ていて、お話が出来て楽しかった。
お父さんになった黒史郎さん、昨年はプラグスーツの作成やモロモロのことでお世話になった山下昇平さん、色んなジャンルを幅広く手掛けている、フリー・ライターの門賀美央子さん、編集Rさん、編集μさん、デスメタルSさん、『ダ・ヴィンチ』の副編集長のキッシーさん、『幽』編集長東雅夫さん。
『異形コレクション』の井上雅彦さん、漫画家の児島都さん。
『iPS細胞~世紀の発見が医療を変える』の八代嘉美さん。
他にも早川書房のIさん、青土社の山本充さん、バンダイ・ヴィジュアルのSさん等にお会いしました。

今年は随分とお酒も飲んでいたので、記憶があやふやなところもあるけれど本当に楽しい授賞式でした。
来年もたくさんの受賞者が出てパーティーあると嬉しいです。

明日の文化の日は受賞作をじっくり読んでまったり過ごす予定です。

DSCF1365.jpg


『本の旅人』はホラ大の受賞者さんの情報満載でした。

そして『山田風太郎賞』設立のニュースも授賞式の時に発表されました。
DSCF1366.jpg

角川書店が「山田風太郎賞」を創設
角川文化振興財団と角川書店は30日、「山田風太郎賞」を創設すると発表した。
 新人から中堅作家までが発表した国内の小説を対象に、「その年で最も面白い」作品を選ぶ。
「忍法帖」シリーズをはじめ伝奇小説、ミステリーまで幅広いジャンルの作品を書いた故・山田風太郎にちなみ、ジャンルは限定しない。
対象は、毎年9月1日から翌年8月末までに本として刊行された作品。第1回受賞作は来年10月に決定予定。副賞100万円。
選考委員は、赤川次郎、京極夏彦。桐野夏生、重松清、筒井康隆の5氏。
(2009年10月30日19時53分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091030-OYT1T01035.htm

今後もいろいろと角川書店は凄そうです。
スポンサーサイト

tag : てのひら怪談

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。