スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ

2010年度もよろしくお願い申し上げます。
ひさびさの更新なので、告知することが一杯です……。
年末年始にあったことのご報告も含めて、しばらくの間は更新を続けてみるつもりです。

さて、告知について!



1月30日(土)ノベルなび大賞の発表・表彰式と講演会
- 小説やiPhoneによる観光振興・地域再生 -


第1回 ノベルなび大賞 授賞式と記念講演会
「小説によるまちおこし~ミステリ、SF、ホラーの旗手が語る~」
「超短編実践講座~作家が会場でお題をもらって創作~」


京都フラワーツーリズム推進協議会では、2010年1月30日(土)に、
小説やiPhoneによる観光振興・地域再生を目的とした第1回 ノベルなび大賞 授賞式と記念講演会を開催します

最終候補者には「てのひら怪談」等でおなじみな方のお名前もあがっていますね。
森山東さん、我孫子武丸さん、北野勇作さん、遠藤徹さんによる、講演会も行われる予定ですので、ご興味のある方はぜひぜひ♪♪





そして、編集担当者さんによると『魂追い』の初速は『生き屏風』の三倍だそうです。
この調子が続いてくれるといいなあ。



1月27日発売『ユリイカ』2010年2月号
藤田和日郎
『うしおととら』 『からくりサーカス』 そして 『月光条例』・・・少年マンガの20年

定価1,300 円(本体1,238 円)
ISBN978-4-7917-0204-6

~ラインナップ~
【対談】少年マンガの教理と実践――錬金篇 / 藤田和日郎×荒川弘
【インタビュー】 藤田和日郎はいかにして藤田和日郎となりしか / 藤田和日郎 [聞き手=斎藤宣彦]
【論考】諸星大二郎 立原えりか 伊藤比呂美 南信長 東雅夫 小嶋菜温子 師茂樹 末國善己
      加門七海 岩松正洋 田辺青蛙 森島章人 波多野鷹 河野聡子 泉信行 麻草郁( ) ほか
【特別掲載】藤田和日郎制作ノート
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C6%A3%C5%C4%CF%C2%C6%FC%CF%BA

物凄い豪華なラインナップですね……ううう……なんだかお名前を見ているだけで胃の辺りが痛くなってきました。
『うしおととら』は小学校の夏休みの時に出会った作品で、書いているうちにあのころ苦手だった漢字の書き取りやら、ドリルやらの思い出までもが蘇って来る羽目に……。
ちなみに僕は宿題は31日にやっちまおう派でした。

あ、『月光条例』で準ヒロインの鉢かづきは寝屋川市のマスコッ・キャラクターなんですよ。
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/index/soshiki/siminkatudou/t-hachikaduki01.html

スポンサーサイト

tag : てのひら怪談

プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。