スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽」怪談文学賞

第4回『』怪談文学賞の授賞式に行って来ました。

WEB
http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php


今年の大賞は2作品!

神狛しずさんの『おじゃみ』と、谷 一生さんの『富士子 島の怪談』(住処を改題)
どちらも何ともいえない不思議な味わいのある怪談でした。

DSCF0158.jpg
壇上の神狛さんと谷さん。

DSCF0188.jpg

作品のイメージを元にして作られた、「日本物怪観光」の天野行雄さんによる青行灯。
明かりが一度消されて、幻想的な青い灯りが燈ると周りから感嘆の声が上がっていました。
硝子の表彰状といい、本当に『』怪談文学賞っていただける物が素敵なんですよね。

そして、『』怪談文学賞出身作家の人って皆さん本当に文章が上手いです。
怖さを伝えるのは、やっぱり生半可な文章力じゃ難しいということなのでしょう。

おじゃみ


『おじゃみ』
【『』怪談文学賞短編部門大賞(第4回)】古民家に暮らす妻、由緒ある家に嫁いだ若奥様、古くからの町家で祖母・母と暮らす妙齢の女性、京都の大学生、女子高の生徒…。さまざまな「京おんな」の生きざまを描いた怪異物語。表題作ほか全6編を収録。


http://www.bk1.jp/books/authorSearchResult/?authorKana=%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%9E+%E3%82%B7%E3%82%BA&adultFlg=0&authorId=110005754070000&author=%E7%A5%9E%E7%8B%9B+%E3%81%97%E3%81%9A

富士子


『富士子 島の怪談』
【『』怪談文学賞短編部門大賞(第4回)】他人の不幸をむさぼる女。死んでも続く腐れ縁。愛憎の果て、悲しみは恐怖に変わる…。表題作ほか全6編を収録した、人情味あふれるジェントル・ゴースト・ストーリー。

http://www.bk1.jp/product/03276143


神狛さんは、京都を題材に、谷さんは日本の島についての怪談話。
近いうちに、日刊サイゾーでお二人の作品に関するインタビュー記事を掲載予定です。
スポンサーサイト

tag :

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幽・遊・白書 1巻

名作 幽☆遊☆白書の
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。