スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪天国ニッポン-絵巻からマンガまで-

兵庫県立歴史博物館へ行って来ました。


目的は「妖怪天国ニッポン」-絵巻からマンガまで-を見に行く為。
展示は妖怪手品の仕掛けがあったり、漫画の原画あり、稲生平太郎気分になれる蚊帳があったりと、見せ方にも工夫たっぷりでとても面白かったです。

「妖怪ハンター」に出てきた、土偶や絵巻は見た瞬間グッと来ました。
そして黒くて可愛い、神戸人形の展示も何点かあったのが嬉しかったです。
うーん、いつか欲しいぞ神戸人形……。
(ときどきYahoo!オークションとかで見かけますが、物凄い値段が付いてます)

博物館を出た後に、怪異学会の人たちに遭遇。
『てのひら怪談』の著者の一人、別水軒さんにもお会いしました。
そして何故か、近代の遊郭のお話をあれこれお聞きしたり。
何でも、道筋によって遊女の年齢分けがされていたそうで、最初は少女通りだったのに最後は大年増通りへ……なんて切ないねぇなんて女同士で言い合ったり。
お話に聞いたアールデコ調の遊郭跡には、私も一度行ってみたいものです。

さてさて、この展示は6月14日まで開催されています。
近くには姫路城もあり、観光名所も沢山あるのであっという間に時間が過ぎてしまう場所でした。

DSCF0688.jpg

[兵庫県立博物館」
妖怪天国ニッポン-絵巻からマンガまで-
平成21年4月25日(土)~6月14日(日)
http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/


ちなみに神戸人形はこんなヤツです↓

スポンサーサイト
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。