スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊画を見に行こう

前回の続き
幽霊画を見に、建仁寺へ

DSCF1039.jpg

夜のお寺は照明が少なくてちょっと怖かったです。
でも、幽霊画を見るのには丁度いい感じでしょうか。

DSCF1035.jpg

大統院に着きました。
どこからか雷鳴が聞こえてきて、ますます不気味にな雰囲気に……。

DSCF1048.jpg

応挙の幽霊画
お寺にいらしたお化けちゃん大好きを自称する、可愛らしいお婆さんのお話によると、労咳病みの遊女がモデルで、最後の望みとして幽霊の絵姿として残りたいと申し出たということです。
悲痛なエピソードの割には、どことなくコミカルな幽霊画ですね。

DSCF1050.jpg

閻魔大王

DSCF1045.jpg

野ざらしの髑髏
幽霊画は、必ず髑髏の絵と対に飾らないといけないそうです。

DSCF1052.jpg

地獄絵図
これは、亡者の生前の罪を映し出すという浄玻璃の鏡かな?
横にある二つの首が謎めいてます。

DSCF1053.jpg

DSCF1055.jpg

DSCF1061.jpg

他にも色々な冥界を描いた絵や、妖怪画がありました。

スポンサーサイト
プロフィール

田辺 青蛙

Author:田辺 青蛙
たなべ せいあ

お化け好きの蛙です。
嫌いなもの、苦手なものは寒さです。

怪談やホラー、お化けの話を書いています。


受賞歴
第四回ビーケーワン怪談大賞
佳作「薫糖」

第十五回日本ホラー小説大賞
短編賞「生き屏風」

Twitter:https://twitter.com/#!/Seia_Tanabe
メール:frogfrog945@gmail.com

FC2 Blog Ranking



ドメイン



書籍

「生き屏風」
「魂追い」(イラスト文倉十)
「皐月鬼」(イラスト文倉十)

共著
「てのひら怪談」
「NOVA2」
「異形コレクション 憑依」等













blogram投票ボタン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。